滋賀県近江八幡市の取組み

主な特徴や狙い

近江八幡市は、滋賀県のほぼ中央に位置し、 古くから農業を中心に栄えてきましたが、中世以降は陸上と湖上の交通の要衝という地の利を得て、多くの城が築かれました。また、織田信長の改革精神により開かれた楽市楽座は、豊臣秀次の自由商業都市の思想に引き継がれ、さらに近江商人の基礎を築きました。このような歴史的背景から、各時代を代表する歴史的遺産が点在するとともに、風情が薫る景観は、今日も各所で受け継がれています。

市外で暮らしながらも、「近江八幡市を心のふるさと」と思ってくださる方や「近江八幡市をもっと知りたい」「近江八幡市を応援したい」と思っていただける方に「ふるさと住民票(カード)」を発行し、近江八幡市とつながりをより深めていただくことを目的としています。

主な取組み

  • 「ふるさと住民票カード」の発行
  • 市内施設の利用料などの減免
  • 広報誌、観光パンフレットなどをお届け
  • 市の情報や魅力発信

ふるさと住民登録者数

19名

*2022年7月19日時点。

ふるさと住民カード

近江八幡市のふるさと住民になりたい方は、下記リンクをご覧ください。