イベント参加レポート~香川県三木町のオンラインイベント~

7月22日に、三木町のふるさと住民オンラインイベント「MIKIじまんモニターイベント~パスタランチで三木の夏やさいをあじわおう~」に参加しました。

参加者には、事前に三木町からパスタセット(ミートソースと生野菜)が届きます。

立派な野菜たちが届きました!水ナス、アスパラ、ズッキーニ、オクラ、ピーマン、パプリカ、玉ねぎ、ミートソース。どれも大きくてみずみずしい!当日は、同梱のレシピに従ってミートソースパスタを作って、イベントに参加します。

いよいよイベント開始です!ちなみに右の方は三木町のふるさと住民票担当の永田さん。名産品のイチゴのハッピを着て参加です。

参加者みんなで「いただきます」。食べている間に、今回の野菜のひとつ、アスパラを生産されている森北さんを生中継!育て方などへのこだわり、そしてレポーターの方の収穫体験も。

その後は、三木町のふるさと納税返礼品の紹介、最後は今回送ってもらった野菜への感想、返礼品にこんなものがあったらいいな、などの意見を自由に発言する交流タイム。

・東京で買う野菜とは全然ちがって、とってもみずみずしくて新鮮で元気がある野菜。ぜひふるさと納税で買ってみたい。

・パスタソースが美味しいので、これもぜひふるさと納税の返礼品に加えてほしい。

・送ってもらった野菜を使って、夏休みの子どもと一緒にパスタを作った。食育にもなって、いい体験ができた。

・一般的な品種ではなく、少し変わった品種のじゃがいもなども返礼品に加えたりすることで、三木町としての特徴を出せたり、他との差別化ができるのではないか。

などなど、多くの意見や感想が出ました。

イベント開催の時間帯、開催時間(1時間半)、参加者の数(限定10名)、生産者さんの生の声、そして自ら料理してそれを食べながら望むことによる参加型、いろんな点で、とても良いイベントだったと思います。

他の自治体でもできる企画だと思いますし、ふるさと住民票の取組みを行っている自治体どうしがコラボしても面白いと思いました。

かつらぎ町の取り組み

和歌山県かつらぎ町では、2021年2月より取組みを始めました。

かつらぎ町は、大阪府と奈良県に隣接する和歌山県の北東部に位置しています。大部分の地域で果樹栽培、近年では花卉栽培にも力を入れています。また、2005年に世界遺産に登録された丹生都比売神社がある高野山麓地域は見ごたえのある観光地です。

主な特徴や狙い

“かつらぎ町に縁がある方”や“応援してくれる方”とのつながりをより深める狙い。ふるさと住民には、まちづくりへの参加の機会などを提供し、つながることによって町が活性化することを目的としている。

主な取組み

  • ふるさと住民カードの発行
  • 広報誌、チラシの送付
  • メールマガジンの発行(イベントなどの紹介)

今後の予定:

  • かきおうじ( かつらぎ町のイメージキャラクター )の結婚式派遣
  • ふるさと住民体験
  • 特産品プレゼント  など

ふるさと住民登録者数

152名

*2021年8月時点。

対人口(16,235人)比は、0.9%

*人口は、2021年7月31日時点。

ふるさと住民カード

かつらぎ町のふるさと住民になりたい!

かつらぎ町のふるさと住民票に関する詳細は、下記リンク(かつらぎ町HP)をご覧ください。

かつらぎ町HP:https://www.town.katsuragi.wakayama.jp/050/050/010/20201202162325.html

鳥取県琴浦町「ふるさと住民票WG」に参加しました。

鳥取県琴浦町は、2018年度から「事業レビュー」でお手伝いしている自治体で、今年度「ふるさと住民票®」の導入を検討しています。

琴浦町副町長の山口さんは、同じ鳥取県の日野町が全国で一番最初に「ふるさと住民票®」を始めた時に日野町の副町長をされていました。そういったご縁もあり、琴浦町でもぜひ導入したい、と検討を始めました。

何度か情報交換をする中で、“担当課だけでなく、役場全体で取り組みを一緒に考えていく体制”という話に共感していただき、各担当課から1~2人ずつ参加してもらうワーキンググループ(WG)を立ち上げました。

7月に第1回のWGを行い、琴浦町としてふるさと住民票の取り組みでやれること、やりたいこと、について各課からアイデアを募集しました。

今回は、第2回のWGとして、まず構想日本から「ふるさと住民票®」についてと事例紹介を1時間ほどお話しさせていただき、その後意見交換という流れで行われました。

当初琴浦町にお伺いする予定でしたが、ここ数週間のコロナウイルス感染拡大の状況に鑑みて、急遽オンライン参加となりました。

講演では、1.「ふるさと住民票®」について 2.自己紹介 3.具体的な事例(鹿児島県志布志市「ふるさと住民票×自分ごと化会議」など)をお話ししました。

講演後は、「成功事例、失敗事例とその理由」「ふるさと住民になってくれる人の思いやニーズに気づくためにどんなことをすれば良いか(ふるさと住民とのコミュニケーションの取り方)」「ふるさと住民が多いのと少ないのとではメリット、デメリットはあるか」などいくつかご質問をいただき、私自身もとても勉強になりました。

後半は、各課から寄せられたアイデアの紹介や、他にどんなことが考えられるか、などについて意見交換をしました。

山口副町長からは、
●(志布志市のような)地元の人たちとふるさと住民の意見交換をぜひやりたい
●これまで行政サービスという観点で進めてきたが、限界を感じていた。サービス提供合戦ではない琴浦ならではの取り組みを考えていきたい
●どういう人たちに琴浦に関わってほしいかということもあわせて考えていきたい
●いろんな意見を集めて琴浦らしい制度をつくっていきたい
というお話がありました。

新しく取り組みを始める自治体は、前例が多いだけに迷う部分もあると思います。大事なのは、行政として自分たちのまちをどうしていきたいか、そのために関係人口の人たちにどう関わってもらいたいか・どんなことを一緒にやりたいか、など軸となることをまず決めること。ふるさと住民を増やしていく中で、行政としてできること、やってみたいことはたくさん出てきます。それらを実現するためのお手伝いを、構想日本はこれからも心をこめて一生懸命いたします。

今回の意見交換の中で、構想日本がふるさと住民票を取組む上で特にポイントと考え、お伝えしたことを2つご紹介。

▶行政に何かを期待してふるさと住民になってくれている人は少ない。むしろ、何か協力したい、役に立ちたい、と思っている人のほうが多い。そのことを前提として、ふるさと住民に対しての“行政サービス”という発想から離れて考える必要がある。

▶何より大事なのは、職員自身が「自分たちが楽しいと思うこと」。自分たちが楽しくないと、巻き込まれる人達には楽しさが伝わらない。楽しくできることで、長く続けていくための取り組みになる。

琴浦町の取り組みに、ぜひご注目ください。

鹿児島県志布志市「住民を語る会」(全4回)が終了しました!

鹿児島県志布志市の「住民を語る会」全4回が、11/9開催を持ってすべて終了いたしました。

*内容は、以下のリンク (構想日本ブログ) からご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/blog/?p=2381

東京会場の「ふるさと住民」の皆さんからは、「ふるさと住民票(カード)」の活用について、また志布志の魅力をもっと多くの人に知ってもらうためのアイデアなどについて、多くの意見が出ました。

それを受けて、志布志市民の皆さんからもいろんな意見が出て、まさに双方向のやり取りをしました。

地元の市民とふるさと住民のコラボが実現!!

これからも交流を続けて欲しいと思います。

鹿児島県志布志市で「住民が語る会」(第2回)、東京で「ふるさと住民ファン三―ティング」を行いました!

10/10に第1回目の「住民が語る会」を実施しました。

*内容は、以下のリンク (構想日本ブログ) からご覧いただけます。
http://www.kosonippon.org/blog/?p=2158

10/24に志布志市で第2回目の「住民が語る会」を、10/26に東京で「ふるさと住民ファンミーティング」を行いました。

10/24の模様は以下のリンク (構想日本ブログ)から、http://www.kosonippon.org/blog/?p=2257

10/26の模様は以下のリンク(構想日本ブログ)からhttp://www.kosonippon.org/blog/?p=2316

ご覧ください。

次回は11月9日(土)。志布志市と包括連携協定を結んだリコージャパン株式会社さん全面協力のもと、志布志会場と東京会場をWEBで繋いで行います。

これまで志布志市民とふるさと住民それぞれから出た志布志の魅力、課題、これからの志布志をどうしたいか、外からどう関わりたいか、などの意見交換をします。

志布志市が目指している、市民同士、ふるさと住民同士、市民とふるさと住民という複層的な交流がついに実現!これからの志布志にも注目です!

鹿児島県志布志市で全国初「住民が語る会」を行いました!

2019年4月からふるさと住民票®を導入した志布志市。

志布志のまちづくりに、ふるさと住民にどう関わってもらうかを模索する中で出てきたアイデアが「住民が語る会」です。

無作為に選んだ志布志市民と、関東圏在住のふるさと住民がコラボして、まちづくりのための協議会を行います。

詳細は、志布志市HPから。
http://www.city.shibushi.lg.jp/docs/2019100300024/

第1回の報告は以下のリンク(構想日本ブログ)をご覧ください。http://www.kosonippon.org/blog/?p=2158

志布志市がふるさと住民募集開始!

4月からカードデザインを募集していた鹿児島県志布志市で、本日より「ふるさと住民」の募集が始まりました!

市出身者、通勤・通学している人、昔家族が住んでいたらしい、ふるさと納税したことがある、、、などなど、少しでも関係ある人は是非、志布志市の「ふるさと住民」になってください!

名前に「志」がつく人、4月24日生まれ(424=シブシ)の人、など少し変わった資格もあります(笑)

詳細は、市のHPをご覧ください♪

http://www.city.shibushi.lg.jp/docs/2019071000022/

鹿児島県志布志市の取組み

鹿児島県志布志市では、2019年4月より本格的に取組みを始めました。九州では初めての実施です。

志布志市は、松山町、志布志町及び有明町の合併により誕生しました。鹿児島県東部、志布志湾の湾奥ほぼ中央に位置し、北部から東部にかけては丘陵山間地帯、中央部から西部にかけてはシラス台地が広がっています。

「ふるさと住民カード」を作るにあたり、愛称とイラストを募集し、応募のあった中からデザインを決定。

ふるさと住民登録者数

641名

*2020年5月時点。

対人口(30,435人)比は、2.1%

*人口は、2021年4月末時点。

ふるさと住民カード

*志布志市「ふるさと住民票」の取組みは、2020年9月23日付で終了しています。

茨城県行方市の取組み

茨城県行方市では、2019年4月より本格的に取組みを始めました。

行方市は、茨城県の東南部にあり、東京都心から約70km、県都水戸市から約40kmの距離に位置し、麻生町・北浦町・玉造町が合併して誕生しました。

行方市ふるさと住民票は、いわば『行方市ファンクラブ』。市外にお住まいの方と市とを結び、交流を促進していく新しい取組みです。

主な取組み

  • ふるさと住民カードの発行
  • 市内公共施設の市民料金での利用
  • 市報等の送付
  • ふるさと納税カタログの送付(年1回)
  • 「なめがたさんち」のもらえるキャンペーン(年2回程度)
  • 「行方市体験ツアー」企画

ふるさと住民登録者数

486名

*2021年5月時点。

対人口(33,270人)比は、1.5%

*人口は、2021年8月1日時点。

ふるさと住民カード

行方市ふるさと住民になりたい!

ふるさと住民票のお申込みについては、行方市ホームページをご覧ください。
http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page007118.html

茨城県行方市と鹿児島県志布志市でふるさと住民票®の取組みが始まりました!!

4月より、新たに仲間が増えました!

茨城県行方市(なめがた)と、鹿児島県志布志市(しぶし)です。

これで、実際に取組みを行っている自治体は10になりました。

志布志市は、九州初☆ さらに、カードのデザインを公募するという、これまでの自治体ではなかった試みも行っています。

仲間が増えるのは嬉しいことです。確実に「関係人口」の波は拡がっています!!

構想日本では、引き続きいろんな自治体と一緒にふるさと住民票の活動を進めていきます。

詳しくは、各自治体のホームページをご覧ください。

◎行方市HP ⇒ http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page007118.html

◎志布志市HP ⇒ http://www.city.shibushi.lg.jp/docs/2019040900025/

☆よかったらこちらもフォローしてください☆

ふるさと住民票公式Twitter

ふるさと住民票公式Instagram