茨城県行方市の取組み

茨城県行方市では、2019年4月より本格的に取組みを始めました。

行方市は、茨城県の東南部にあり、東京都心から約70km、県都水戸市から約40kmの距離に位置し、麻生町・北浦町・玉造町が合併して誕生しました。

行方市ふるさと住民票は、いわば『行方市ファンクラブ』。市外にお住まいの方と市とを結び、交流を促進していく新しい取組みです。

主な取組み

  • ふるさと住民カードの発行
  • 市内公共施設の市民料金での利用
  • 市報等の送付
  • ふるさと納税カタログの送付(年1回)
  • 「なめがたさんち」のもらえるキャンペーン(年2回程度)
  • 「行方市体験ツアー」企画

ふるさと住民登録者数

486名

*2021年5月時点。

対人口(33,270人)比は、1.5%

*人口は、2021年8月1日時点。

ふるさと住民カード

行方市ふるさと住民になりたい!

ふるさと住民票のお申込みについては、行方市ホームページをご覧ください。
http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page007118.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です